投稿

8月, 2018の投稿を表示しています

煙管 黒蒼玉

イメージ
以前の記事で煙管について書きました。
煙管はおいしい 煙管はおいしいけど 煙管で吸う煙草は美味しくて良いのですが、買った煙管に少し不満が出てきました。とても単純な話なのですが吸いづらいんです。空気の通りが悪くて煙が口まで届かない。煙草の火がすぐに消えてしまう。火を保つ為に凄い勢いで息を入れないといけない。これらが凄いストレスでした。
初めての煙管だったので、「こういうものなのかな?」とも思ったのですが、流石にそれはないだろうと。ネットで調べてみると本当に色々なものがあるんですね。安いのだと私が買った1000円くらい。高いものになると30万円を超えるものまで。そんなに高いものがあるなんて正直驚きました。 まずはいろんな煙管を試したい 色々な煙管があるのはわかったのですが、どれを買えば良いのかは全くわからない。すでに買ったものと同じように吸いづらい煙管だったら高いお金を払うのは馬鹿らしいです。そんな時に見つけたのがこちらのお店。
オオヌキタバコオオヌキタバコtwitter オオヌキタバコさん。煙管の試喫をさせていただけるタバコ屋さんです。十条駅から10分ほどでしょうか。 オオヌキタバコさん 外からみると普通の町のタバコ屋。しかし一歩中に入ると手巻きタバコの専門店です。左手の壁一面に手巻きタバコとパイプ用のシャグが並べられています。右手の棚には煙管や煙管関係のアイテムが置いてあります。
お話を伺ったところ特に煙管に力を入れているようでした。試喫用に置かれている煙管にもその点が伺えます。見た範囲で置かれていた煙管は 蒼天蒼玉手綱摩利支天ストレート摩利支天ベント それぞれの画像はoonuki tabaccoで確認できます。全てとても美しいので是非見てください!
それぞれ味わいが違うので試喫するだけでも楽しめます。一番気に入ったのは手綱なのですが、お値段的に厳しかったので今回は黒蒼玉にしました。こちしらも素晴らしい煙管です。
黒蒼玉について記事を書こうと思っていたのですが、オオヌキタバコさんの紹介記事になってしまいました。
少し長くなって来たので、黒蒼玉初めてほかの煙管の感想はまた今度にします。
煙管に興味のある方、是非一度オオヌキタバコさんに伺ってみてください。楽しいおかみさんが手巻きタバコや煙管、それにパイプについても色々と教えてくださいます。
最後に買った黒蒼玉の画像です。


一人暮らしの自炊には漬物が一番(浅漬け編)

イメージ
前の投稿で一人暮らしこそ漬物を作った方がいい理由を話しました。よろしければそちらもご覧ください。

一人暮らし自炊には漬物が一番 漬物作りは浅漬けから 漬物を作るなら、まずは浅漬けから。なぜなら浅漬けなら、すでに家に有るものだけで始められるからです。特別や道具や調味料を買う必要はありません。
私が浅漬けを作るのに使う道具はこちらです。
塩ジップロックLサイズバット飲んでないワインボトル2本 以上。ジップロックは清潔なビニール袋で代用出来ます。ワインは重しなので重いものならなんでも大丈夫です。衛生面を考え冷蔵庫に入れて問題ないものならOKです。缶ビールでも、水のペットボトルでも。浅漬けの2倍の重さが欲しいので2リットルのペットボトルなんかは良さそうですね。 浅漬けの作り方 作り方の手順は 野菜を一口大に切り、水洗いをして汚れを落とす野菜の水を切り、ジップロックに入れる重さを測って重量の3%〜5%の塩を入れて軽く揉む野菜の入ったジップロックをバットの上に置き、重石を乗せて冷蔵庫にいれる 浅漬け作りはこれだけです。調べると「唐辛子をいれる」や「昆布をいれる」、または「漬物石を買う」とか「冷暗所で保存」など面倒なことが出てくるかもしれません。
そういうことをすれば、より美味しくなると思います。でもやらなくても日常の食事には十分に美味しい物ができます。
浅漬けに合う野菜 浅漬けに合う野菜のツートップはこれです。 白菜キャベツ 白菜は鍋物の時に、キャベツは揚げ物の時に欲しくなります。でも大体余らせますよね。そんな時に浅漬けにすれば美味しくいただけます。 まずはやってみる 一人暮らしを始めた時は結構「ちゃんと」やろうとしちゃいがちです。でも日常はそんなにちゃんとしてたら疲れちゃいます。浅漬け作りなんかもちゃんと用具を買ってきてみたりして。でも、後になると結構使わなかったり、悪いと自炊自体やめちゃったりします。
コンビニのお弁当や外食ばかりだと、長い目で見たときに金銭的にも体調的にも辛くなってくるのではないでしょうか。
「そこそこ」ちゃんとしたものを食べて健康的に生活する。それを少しだけ簡単にしてくれる。漬物はそういうものだと思います。まずは適当に初めてみましょう。

一人暮らしの自炊には漬物が一番

一人暮らしは野菜をダメにしがち 一人暮らしで自炊をしていると、どうしても食材をダメにしてしまう時があります。特に無駄にしがちなのが野菜。お肉や魚類はそのまま冷凍できるので、ちょっと多く買っても問題なし。使わない分はラップして冷凍庫にすぐに入れてしまえばいい。でも、野菜はそうはいかないですよね。物によっては下処理すれば冷凍できるものもありますが、茹でたりふるのは中々面倒。

でも、全く野菜を食べないなんてことは体のことを考えると恐ろしくて出来ません。 漬物にすれば美味しさ長持ち シナシナになった野菜を強引に料理してもやっぱり美味しくない。そこでオススメなのが漬物です。漬物は一人暮らしこそ作るべき料理なんです。なぜなら 野菜を長く美味しく食べられる出すだけなので夕食の調理時間を削減できる料理初心者でも簡単に作れて失敗がない という3つの利点を持っているからです。
野菜をそのまま野菜室に入れておくとどんどんシナシナになっていきます。そして歯ごたえも味も薄くなっていきます。しかし漬物にしてしまえば歯ごたえもちゃんと残ったまま保存できます。味については塩を使って水分を抜く分、より濃くさえなります。
さらに漬物はすでに立派な料理です。そのまま出すだけ。またはちょっと切るだけで一品出来上がります。サラダや野菜炒めを作る必要さえありません。
漬物は簡単 そして漬物はまず失敗しません。火加減を考える必要はないし、調味料のバランスを考える必要もありません。
凝った漬物を作る必要は全くありません。塩だけあればいい。それでも十分に美味しく食べられます。
私のオススメ漬物は 浅漬けぬか漬け の順番です。どちらも本当に簡単に作れます。
ちょっと長くなってきたので、今日はここまで。近いうちに浅漬けとぬか漬けの簡単な作り方を載せます。よければご覧下さい。
続きはこちら 具体的な漬物の作り方はこちらをご覧ください。 一人暮らしこそ漬物をつけよう(浅漬け編)